男性が恋い焦がれる顔なんていう種類があるんですねぇ。
今まで、女性が恋い焦がれる顔、女性が彼氏にしたい顔、なんていうのはいろんなところでぐっすり種類されていたは思うのですが・・・。

断然父親も顔を気にする時代になったについてなんでしょうか。
最近ではジェンダー男なるせりふもあるようです。

さて、こんな興味深い種類、誰がゼロ程度なんだろうって思ってたら、何とか木村拓哉くんでした。
ぼくが興味のある男性はいったい何程度ぐらいなんだろうってその続きを見ていくと、極めてすばらしい数値出されているではありませんか・・・。
男性が探る父親って私の意図がなかなか迫る感じである意味納得でした。

二位は誠に福士君、五程度に向井くん、九程度に竹ノ内くんでした。
斎藤工くんはいなかったんだけど、なぜだろう?キムタクがいて、工くんがいないってのは弱いんじゃないかっておもうんだけど・・・。

あんなにあからさまに婀娜さを力説するのは抵抗があるんでしょうか?
そのあたりは些か父親と女子で視点が違うのかな。

痛散湯
国家がここに種類されてる顔立ちの顧客ばっかりだったら、って想像すると楽しくなってきました。

なるほど理ドラマのことを書こうとしていたんですが、未だに撮影みれてません。
前夜確かに予約してあったので、撮れてる筈なんですが・・・。

理くんのことを書いてみたいって思ってたんですが、その前に、はっとした福士蒼汰君のCMがを見ちゃったので、そちらの方を少々書いてみたいと思います。
前回のドラマから、過去のドラマを見て、とっくに正に大マニアになってたのが、これ数か月。

ぼく、まさかのEnglishを演習しなおそうという考えにまでなったんです。
Englishって今まで嫌気が強かったし、読めても、話せない、話せなくても日本にいる限りやっていけるだろう、ってタカをくくってたんですが。
蒼汰くんが、頑張ってる姿とか、堂々とEnglishで言い出してる姿を見ていると、スタイリッシュなぁというのを通り越して、私もやってみたいって窺えるようになったんですよね。

ただ、そういった進め方も蒼汰くんが、テレビに映らなくなってゆっくり消えつつあって・・・。
私の周りにもちょっとした刷新があったので、そういう進め方忘れつつあったんです。

も、目下ふっとみたCMでまた蒼汰ちゃんが映っていて。
いよいよ、ドキドキする感じの思わせぶりなCMで、また指がぴんっと綺麗で・・・。

普段は食べないカップ麺断じて食べたくて仕方なくなってきました。
共々あぁ、私もやっぱEnglish演習決めるって思うようになってきました。